かぴくそソーシャル日記

引っ越し中。http://newrelativism.hatenablog.com

中国鉄道博物館のフィールドノート

ちょっと社会学の真似事をして、昨日ブラブラーッと入った中国鉄道博物館というところのフィールドノートを書いてみます。

あまりメジャーでない?と思います。中国人の歴史観や社会の見方を反映してると思います。

 

博物館全体図

f:id:piriodosako494:20170820123911j:image 

展示室が地下1階にもあることに気づかず行けませんでした。

 1階、2階、3階を見て回り3階で一休みしてから写真を撮りながら2階、1階へ。

 

<時系列>中国時間

・12時50分~13時15分 鉄道博物館隣のケンタッキー前門店で昼食

・入口を探す。正面は出口だった。

・検問のある入口へ行くと別の所で券を買うように言われる

・入場券を購入

・13時30分 検問を通る

・1階から順番に見て回る。1→2→3階

・3階のトイレへ行く。

・13時50分〜14時10分 座って休憩

・14時15分 写真を撮りながら降り始める 3階

・14時25分 2階

・14時35分 1階

・14時50分 出口から退出

 

 

<流れ>

入るまで

天安門広場の東側から、ケンタッキーを求めて前門まで南下しているところ。前門東あたりで地下通路があり、そこを抜けると正面に「中国鉄道博物館」というところが見える。ここへ行こうと決める。博物館の南に12時40分ごろケンタッキーの看板を発見。地下にあることがわかり、進む。なかなかの混み具合で注文するまで5分はかかった。連携が日本より取れていないのか、フロントの後ろには大量の紙包み(バーガーなど)が並んでいた。メモ用紙に漢字で書いてカウンターの後ろに書いてある36元のミールセットメニューを注文。100元札を渡す。女性店員が中国語で何か言ったが、分からなかった。「小銭あるか?」と勝手に判断して「没有」と答えると、呆れた感じで受け付けた店員が自分でセットを用意。注文後1分以内にセットを渡されて、店内で食事。店は奥行きがかなりあり、座れるテーブルを探した。テーブル1つと椅子2つの席に座り、バックを自分の近くの床に置く。スマホの電源が残り少なかった。食事をしながら、Wifiが使えたのでインターネットでホテルまでの行き方を調べてメモしておいた。あたりをみると若い男の子四人組や、小さな子供のいる家族づれなどがいた。食べている途中に後ろの席の子連れの男性から「テーブルを1つくれ」と言われ、差し上げる。

食べ終わって、清掃のおばちゃんに食事ガラを渡す。13時15分ごろ店を出る。鉄道博物館の方まで行き、一旦最初に見た正面へ行くと、制服を着た男性が立っており、そこは「出口」と書いていて、引き返す。ケンタッキー側へ歩くと、制服を着た女性2人がいて、空港にあるような赤外線の荷物検査機があり、検問をしている。行こうとすると、何やら止められる。どうやらチケットを別の場所で買わなければ行けないと察し、チケット売り場へ。売り場はすぐ北側にあった。50元札で20元の入場券を買おうとして、何か色々言われるがわからない。女性販売員に「20元」と言われたので、「yes」と返して、買えた。恐らく40元の「3D映像券」(後述)というものもあって、それとどっちかと言っていた。

 

入場。1階を見て回る

入場するのに手荷物検査がある。でかいバックパックを流してあっさり通過。入って正面にでかいモニュメントがあった。

f:id:piriodosako494:20170820114751j:image

 正面から左回りで順路は進んで行く。一階は鉄道の歴史的な展示が続いていた。風沿いに大きな写真と中国語の説明文が並べられている。清の時代からスタートする。中国語は分からなかったが、台湾鉄道の記述がよく目立った。

f:id:piriodosako494:20170820124302j:image

目を下にやると、ガラスのショーケースに古い文書などが並べられていた。

 

 

 

なんかもう、めんどなった。(笑)

適当に写真だけはります。

まだ中を見始めてまもないのに笑

思いついた時にまた更新することがあれば…

 

⬇︎中国の鉄道分布図

 f:id:piriodosako494:20170820224633j:image

⬇︎3階のパノラマ

f:id:piriodosako494:20170820224605j:image

⬇︎なんかわからんけどマオ氏

f:id:piriodosako494:20170820224807j:image

⬇︎わしのおきに入り

 f:id:piriodosako494:20170820224942j:image

⬇︎2階は技術を自慢するような内容

f:id:piriodosako494:20170820225336j:image